土地の相場は概ね決まっている

土地探しをする前に、まずは候補として考えている地域でどのくらいの土地の価格が一般的なのかを調べておくのが大切です。土地の価格は地域などの条件が同じであれば、相場は大体同じくらいになっています。周辺環境などの影響も受けますが、およその価格を把握するのは比較的簡単です。候補として見つけた土地がリーズナブルかどうかを見極めるためには相場情報があれば良いので、まずはどのくらいの価格で土地が販売されているのかを見てみましょう。土地は面積に比例して価格が定まる仕組みが一般的なので、基本的には坪単価または平方メートル単価でどのくらいかを見る必要があります。流通している土地の価格を見るときには面積がわからないと面積単価を計算できないので注意しましょう。

土地の価格を調査する方法

土地の価格は実際に販売されている土地がいくらかを見て考えることもできますが、他の方法で客観的な値を見つけることも可能です。公的機関が発表している公示価格は坪単価が示されているもので、都市部などでは定期的に最新の価格が決められています。販売価格が適正かどうかを見極めるのに役に立つ指標です。一方、固定資産税や相続税を計算するために用いる路線価図を使用する方法もあります。路線価図では土地が面している道路に価格を付けてあるのが特徴で、土地の価格は面している道路に振られている数値と面積の掛け算で計算可能です。実勢価格の80%程度が路線価なので、路線価図を使って興味のある土地の価格を計算してみると役に立ちます。